王子のミッションつきお遣い(*´ー`)

昨日からイベントのお菓子の焼成にかかっているので王子にはおうち遊びで我慢してもらう時間が増えてます。
そんな可憐のお手伝いをしたい!と、うれしい王子からの申し出。
本当はこんな時に…だけれど、その気持ちを大切に、お遣いに行ってもらうことにしました。
今日で3回目。そろそろおつかいにも少し慣れたころ。
なので、ちょっぴりハードルを上げてみることにしました。
ひとつは牛乳2本。重いけれどがんばって!
もうひとつは天然酵母パン。これは普段買うものではないので、お店の方に聞かないと場所が分からない。
お遣いメモに、2つの絵と数字を記入。
お店の方が見てもわかるように品名も念のために。
お客さんの比較的少ないお昼前に行ってもらいました。
もしかしたら恥ずかしかったり緊張でちゃんと聞けずに帰ってきちゃうかも…
そう思うといてもたってもいられなくなって、王子が消えた角から、”ままぁ~(*ノ_<*)”って泣きべそをかきそうな王子の声が聞こえる気までしてきて、こっそりのぞきにいってしまいました(#+_+)
気がつかれないようにお店の外から見てみると、店内をかごを持って走り回る王子。
あ~!って思っていたら、お店の人に待ってぇ~!と呼びかけながら追いかけてました(*´ー`)
王子の口元を見ていると、”パンはどこですか?”パンのところに連れて行ってもらった王子。可憐が頼んだパンはお山がたくさんあるもの。そこには並んでません。
どうするかしら?って思っていたら、首を振って、”あのなぁ~お山のあるパンやねん!”そう伝えてました。
伝わりきらないと判断した王子。
可憐のメモを差し出して、これ!と。
可憐がいなければ、王子はちゃんと自分で聞くこともできるしっかりしたおチビちゃん。
こっそり見ている可憐に気がついた店員さんに、1回目も2回目もしっかりとお買い物していたことを教えてもらい、安心しておうちに戻りました(*^ー^)ノ
小雨が降ってき始めたので迎えに行くと、可憐を見つけてうれしそうに走ってきた王子。
牛乳を1本持ってあげようとしたら、大丈夫!と何とも頼もしい♪
お見送りする可憐をみて、近所のおじいちゃまが、もうお遣い?すごい育て方やなぁと目を丸くして驚かれてしまいましたが、王子がやりたいと思っている時が何においても一番の適齢時期なはず。
そのモチベーションが高い時をちゃんと見計らって何事もさせてあげたいなぁ♪
[PR]
by ichigokaren | 2010-03-26 00:39 | 子育て | Comments(0)


はじめまして可憐です。大阪の高槻市でアイシングクッキーのお教室をしています(*´ー`*)


by ichigokaren

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アイシングクッキーレッスン♪

検索

画像一覧